アパレルの街、岐阜



岐阜問屋町の歴史


岐阜問屋町の歴史 戦後の復興期

産地の始まり 昭和21~23年頃
戦争で焼け野原となった国鉄岐阜駅前(現・
JR岐阜駅)に、北満州(今の中国東北部)からの
引き揚げ者たちが中心となってバラック小屋を作り、
古着や軍服などの衣料を集めて売りました。これは
ハルピン街とよばれ、岐阜問屋街の始まりとなりま
した。
昭和23年頃からは、古着ばかりでなく、布を一宮
や羽島から仕入れ、新しい服を作って売るという、
岐阜の既製服産業(アパレル産業)が始まりました。
岐阜問屋町の歴史 戦後の復興期 画像





岐阜繊維問屋連合会の始まり 昭和24~28年頃
昭和24年頃から、岐阜の既製服は日本中に知られ
るようになり、現在のJR岐阜駅のまわりには市場や
共同販売所が出来て、一条通りをはじめ西問屋町、
中央通りなど問屋町の建設が進められました。
昭和26年には、岐阜繊維問屋町連合会(現在の
(社)岐阜ファッション産業連合会)が出来、岐阜産
地とよばれるにふさわしい商品・店作りが行われま
した。売上高も増大し、岐阜既製服産業は、ますま
す発展していきました。
(昭和20~28年頃までは戦後の品不足で衣料が
足りず、商品を作れば売れる時代であったという
背景があります。)
県外見本市の始まり 昭和29~35年頃
昭和30年頃から経済成長が始まり、商品が多く
出回るようになると、これまでのように「作れば
売れる」というわけにはいかなくなりました。
だんだんデザイン・素材の良い商品の価値が高まっ
ていく中で、新しい商品作りや縫製の研究グループ
が出来始めました。
商品としては、紳士服中心から、婦人服・子供服・
スポーツウェアなど種類が多くなりました。
また、昭和31年には出張見本市を開くなど、販売
地域を広げていくために、東北・北海道・九州など
で県外展示会が始まりました。



岐阜問屋町の歴史 経済成長期

岐阜メード展の始まり 昭和36~39年頃
日本が経済成長する中で、岐阜アパレル産地では
まわりの毛織物産地から仕入れた織物や、合成繊維
を使った新しい商品作りが進んで行われ、ますます
発展していきました。
そして昭和36年8月に、既製服のまとまった展示
会としては全国で初めての「第1回岐阜メード展」
が開かれ、大変評判となりました。
この頃から衣服は既製服中心の大量生産の時代に
なっていきました。
岐阜問屋町の歴史 経済成長期 画像
岐阜繊維卸センターができる 昭和40~48年頃
日本経済が高い成長を続ける中で、既製服も大量生
産・大量販売が行われるようになり、岐阜アパレル
産地の売り先も、地方都市から日本の中心都市へと
進出が始まりました。
こうした中で、昭和44年には2番目の問屋街とし
て岐阜市敷島町に「岐阜繊維卸センター」が、
昭和45年には3番目の問屋街として、東海道新幹線
岐阜羽島駅南に「岐阜羽島繊維卸センター」が出来
ました。だんだんファッションへの関心が高くなる
につれ、高級で個性的な衣服が求められるように
なり、デザインなどが大切になっていきました。











岐阜問屋町の歴史 国際化へのあゆみ

国際交流の始まり 昭和49~56年頃
石油ショックの影響で、経済の成長は低くなりま
したが、物は増えて生活は豊かになり、人々は自分
に合った質の良い商品を求める時代になりました。
こうした中で、岐阜問屋街でも、製品を早く作る
ための工夫をしたり、それぞれの店ごとに特徴の
ある商品作りに努めるなど、岐阜製品の向上に努力
しました。その結果、岐阜の繊維産業は、景気が
悪い時でもあまり影響を受けずに成長することが
出来、岐阜市の産業の中心となりました。
また、昭和53年2月には、岐阜市はイタリアの
フィレンツェ市と姉妹都市となり、ヨーロッパの
ファッション情報を交換したりして、岐阜問屋街も
だんだん外国へと目を向けるようになりました。
岐阜問屋町の歴史 国際化へのあゆみ 画像
「岐阜メード」から「GFF」へ 昭和57~59年頃
日本が国際化へと進んでいく中で、長い間親しまれて
きた、岐阜アパレル製品の総合展示会「岐阜メード」
(昭和36年8月、第1回開催)の名前が、昭和58年
1月の第23回から「岐阜ファッションフェスタ
(GFF)」へと変わり、様々な工夫を加えて、内容も
ますます充実したものになりました。
そして昭和59年1月には、イタリアから有名デザ
イナーを迎えて、「イタリアファッションショー」
が開かれました。また、昭和59年11月には
フランスから、世界でも有名なデザイナーである、
アンドレ・クレージュ、パコ・ラバンヌ、ジャン・
ルイ・シェレルら、4人を岐阜市に迎え、「アパレル
ポリス岐阜21フェア」を盛大に行い、岐阜アパレル
の国際交流が、日本中から注目を集めました。
こうしてますます国際化が進む中、大手企業は外国
に生産工場を作り、問屋街には、台湾・香港・
シンガポールなど外国からのバイヤーが増えて
きました。



岐阜問屋町の歴史 21世紀にはばたく

ファッション都市-岐阜へ 昭和60年~平成7年
昭和63年に岐阜は「市制百年」を迎え、各種の
記念事業をはじめ「岐阜中部未来博」を開催する
など、「百年の歩み 百年からの飛躍」のテーマの
もと、大きな成長を遂げました。
岐阜ファッションフェスタ(GFF)の名で親しまれた
総合展示会を平成3年から「岐阜ファッションフェア
(GFF)」と改めたり、「ア・ミューズ岐阜」という
新しいイベントも始めるなどして、岐阜製品のPRと
アパレル産地-岐阜の名を世界に発信する努力が
続けられました。
また、「世界のファッション工房GIFU」を目指し、
未来のファッション界をリードしていく若いデザイ
ナーを育てるため、平成5年から県と市と産業界
の共同で、世界の学生の中からファッションNo.1
を決定する「WFC 岐阜国際学生ファッションコン
テスト」を始めました。さらに、「金曜日はカジュ
アルな服装で仕事をしよう」とする「カジュアル
フライデー」を提案し、「カジュアルライフフェス
ティバル」を開催するなど、岐阜からの情報発信
を積極的に行いました。
岐阜問屋町の歴史 21世紀にはばたく 画像


















駅周開発が進む 平成8年~平成16年
平成8年にJR岐阜駅周辺鉄道高架が全面開通したのを
きっかけに、駅周辺の開発整備が進みました。JR岐阜
駅の新駅舎や南口駅前広場などが完成し、岐阜の玄関
口が大きく変わりました。
岐阜市は21世紀を迎え、さらに大きく成長していき
ます。平成12年には岐阜駅高架下に「アクティブG」
が完成し、ヤングファッションやデザインを扱う
「TAKUMI工房」や「TAKUMIアカデミー」が開業
しました。
駅周辺の開発整備はさらに進み、「ぱるるプラザ
GIFU(現・じゅうろくプラザ)」の完成により、
「岐阜ファッションフェア(GFF)」や「ア・ミューズ
岐阜」などの大きな展示会、商談会が駅前地区で
開催されるようになりました。
また、平成14年には岐阜駅高架下の東部分に、岐阜
市の生涯学習拠点である「ハートフルスクエアG」
が完成し、市民が集い・ふれあい・学びあう場として
活用されています。
そして未来へ 平成17年~
岐阜市は現在、アジア、ヨーロッパなど5つの都市と
国際的友好都市関係にあります。その中のひとつ
「中国・杭州市」とは、平成16年11月に今後の交流
拡大を柱とする協定が「岐阜婦人子供服工業組合」
と「杭州杭派女装商会」の間に結ばれるなど、アパ
レル産業を含めた産業全体の交流が着々と進んで
います。また、同じく友好姉妹都市である「イタリ
ア・フィレンツェ市」との新たな産業交流も計画さ
れるなど、21世紀にはばたく岐阜ファッションのグ
ローバル化が期待されています。
これからは、服を作って売るだけでなく、世界各地
のファッション情報が集まってくるような情報の
集積基地を目指し、「岐阜のファッション」を世界
に向けて発信していきます。