こだわりの縫製作業風景

アパレルの街岐阜の説明

「すべてはお客様のために」
 うちの工場では、主にブラックフォーマルの縫製を請け負っています。余計な装飾のないブラックフォーマルだからこそ、きれいなシルエットが重要になる。年齢層の違いなど考慮して、何度も何度も試作を繰り返します。
 お客様に満足してもらい、また次も着たい、買いたいと思ってもらいたい。それが原点です。
ブラックフォーマル試作風景
こだわりのアイロンテクニック「こだわりのアイロンテクニック」
 布はアイロンのかけ方で、どのようにも変化します。縫製の工程中、何度も行われるアイロンがけのテクニックが、型崩れのしない、高品質な服を生み出します。アイロンのかけ方によって、出来上がりの顔が全く違います。
 そんな基本技術を大切にしています。
「ひとりの職人が、最後まで仕上げる」
 うちでは、工程のひとつひとつが分担された流れ作業ではなく、ひとりの職人が作り始めから出来上がりまで、責任を持って、心を込めて仕上げています。
 ひとりひとりが「型崩れしない製品づくり」を意識し、機械では表現出来ない技術、そして想いを込めて、製品を生み出しています。
熟練したミシン技術
ブラックフォーマル試作品ミシン技術

 愚直なまでに基本にこだわり、「日本製」、「メードイン岐阜」に想いを込めた服づくり。
 それが岐阜アパレルの原点であり、長年培ってきた技術です。
 生活が豊かになり、物があふれている時代だからこそ、確かな技術とこだわりを持って作られた製品が求められるようになってきました。
 これからも岐阜アパレルは、そんな”心の時代”に寄り添った服づくりを、”目に見えないところにこそ特に手を抜かない、一筋の真っ直ぐさ”という、 見直されてきている日本の素晴らしさを伝えるため、歩み続けて行きます。